ファッションスタイル診断について

気づけば久しぶりのブログ更新になってしまいました。

個別のファッションスタイルについてもどんどんアップしていきたいのですが、少々お待ちください~

 

この前これまた久しぶりにホームページのアクセス解析を見たら、

ファッションスタイルのページがパーソナルカラーのページのアクセス数を上回っていました。

 

テレビや雑誌でパーソナルスタイリストが取り上げられる機会が増え、

カラーだけでなくファッション全体に興味を持って下さる方が増えていること、とても嬉しいです。

 

私はサロンでずっと以前からパーソナルカラー診断とともにファッション全体のアドバイスをメニューに取り入れているのですが、現在は骨格スタイル診断、顔タイプ診断、ソーシャルスタイル診断にその方の好みや生活環境、職業などを含めてお似合いになるスタイルをアドバイスさせて頂いています。

 

骨格診断の結果、顔タイプ診断の結果、というように一つ一つの結果をお伝えするのですが、

最終的にはお客さまがそれぞれの結果からの情報に混乱せずに着ていて心地いい、好き、楽しいと感じていただけてお似合いになるスタイルをイメージしていただけるように。

じっくり心の部分もヒアリングしながら、6つのわかりやすいカデゴリーに分けたファッションテイストを軸に、メインとサブのテイストをお伝えしているのがファッションスタイル診断です。

 

だから、当サロンのファッションスタイル診断は私の経験に基づく独自のものとも言えるので、インターネットで検索しても他には出てこないと思います。

 

 なぜ結果を一つでなく、メインスタイルとそこに加えるサブ=ミックススタイルというように2つ、場合に人によっては3つお伝えするようになったのかというと、人の個性は奥行きがあり、自分らしさを最大限に利用してほしいと思った時にこの方法がしっくりきたから。

おしゃれだねって言われる人って、自分らしいテイストミックスの割合が絶妙に上手な人。

 

「好き」と「似合う」と「垢抜け感」

3つとも叶えるには、たくさんの方を見てきた結果、ここがカギだなと思ったんです。

 

ちなみにサブは2つお伝えすることもあるのですが、着こなしとしてはメインのテイストに違うテイストを1つ加えることをお薦めしています。

テイストが3つになると、ノーコンセプトでちぐはぐに見えやすく、とても難しいからです。

様々なファッションがあふれる街でお買い物をするとき、キーワードとしてテイストを2つに絞ることは実はこのちぐはぐを回避する技でもあります。

 

お客様が自分らしいこなれたおしゃれ、着ていてワクワクするようなコーディネートを自分で選んででできるようになってほしい。そのためにはどうやってお伝えするのがいいのか・・・

そんなことをいつも考えています(^^)

あ、でもそんなこと言ったらパーソナルスタイリストはいらなくなっちゃう?

 

とはいえ、ファッションは奥深いので、似合うファションスタイルのお伝えの仕方は、今もまだ模索中です。