小柄さんのタイプ別スタイルアップ術

私は身長147㎝。昔からおしゃれは大好きでした。でも「かわいい!」と思った服も自分が着ると何か違う。イメージ通りにならず、悲しい思いをしたことは数知れず。

 

身長が小さい…特に150㎝以下の場合、体型に合ったバランスの良いファッションを手に入れることも人一倍努力がいると思います。

 

でも身長だけでなく体型の特徴や、得意なものが何かわかると、お洋服選びが楽になり選べるお店の幅も広がるのです。

ここでは小柄さんのスタイルアップ術について、長年の研究から私が取り入れてきたこと、ファッションコンサルタントとしてたくさんの方を診断してきて気づいたことを踏まえてお伝えしたいと思います。


一口に小柄といっても悩みは人それぞれではないでしょうか。

背の小さい人がスタイルアップして見せるには

顔、上半身、下半身の長さのバランスがよく見えること

が重要です。

このバランスが良いと一人で見たときは小さく見えない=スタイルがよく見えます。

そして、ファッションでこのバランスをよく見せることが可能です。

 

そのために、小柄さんにとっても通常の骨格診断はスタイルアップにとても役立ちます。

ただ、低身長(特に身長が150㎝以下)の場合、手足の長さや等身バランスの比率が多少違ってくることもあり、一般の骨格診断にプラスの考え方も必要です。

 

そんな小柄さんの場合、以下の3点が大事なポイントかなと思っています。

 

・骨が細いかしっかりしているか

→これによってバランスのよく見える素材や形が変わります。

 

・バストが大きいか小さいか

→小さい体の面積に対する凹凸のバランス、服を選ぶときのサイズ感などを考慮する必要があります。

 

・ぽっちゃりかほっそりか(これは普遍的なものではなく変化するものなので、現在の自分の悩みとしてどう見せたいかで判断してくださいね。)

→背が小さいことで与える印象を前提として、さらにどう見せたいのか。たとえば、「すっきり見せたい」のか、「堂々と見せたい」のかなど、その人のお悩みポイントにあわせたスタイリングが必要になります。

 

いかにそれぞれのタイプ別スタイルアップポイントをまとめてみました。

あなたはどのお悩みを持っていますか?

 

 


【小柄少女タイプ】

 

★体型★

骨が細く全体的に華奢。曲線的なボディーラインだが、横から見ると平面的。O脚、内股になりやすい。

 

★印象★

いくつになっても守ってあげたい可愛らしさがある

 

★悩み★

子供っぽい、仕事で貫禄が出ない、

何を着ても大きすぎるなどで悩みがち

 

★スタイルアップポイント★

細いところは締め、フィット&フレアーでメリハリをつける。

ポイントを上に持ってくる。ハイウエストが特に得意。骨格ウェーブタイプの人が多いが、小柄な人はその限りではなく個人差がある。芸能人では渡辺麻友、安達祐実、松田聖子などのようなイメージ。

 


【小柄少年タイプ】

 

★体型★

骨はしっかりしているがスレンダーで凸凹が少ない中性的な体型。太りにくい人が多い。

 

★印象★

敏捷なイメージでモードなファッションも着こなせる雰囲気を持つ

 

★悩み★

色気がない、貧相に見える、

女らしいスタイルが似合わない等で悩みがち

 

★スタイルアップポイント★

適度にゆったりしたシルエット、ラフでカジュアルな雰囲気が似合う。骨格ナチュラルと診断される人が多いが、素材の重さは通常のナチュラルより軽め、重ねることでボリュームを出したり、ウエスト位置は下げずボトムスの長さで重心を下げたりするほうが良い。芸能人では加藤ミリヤ、紗栄子、深津絵里のようなイメージ。

 

 

 

 


【小柄グラマータイプ】

 

★体型★

バストが大きくウエストは細い。バストやヒップとウエストに差のあるメリハリ体型。

 

★印象★

小柄だが大人っぽさや色気も感じさせる

 

★悩み★

身長と体型のアンバランス、

着太りするなどで悩みがち

 

★スタイルアップポイント★

身体に張り付くほどぴったりせず、ゆったりしすぎていないような適度に体に合ったサイズ感の服を選ぶと良い。谷間が見えない程度にすっきり空いたネックラインでシンプルに。胸元から視線を外すようにベルトやブレスレットなどでアクセントを。芸能人では上戸彩、磯山さやか、小泉今日子のようなイメージ

 

 


【小柄ぽっちゃりタイプ】

 

★体型★

全体的に丸みを帯びている。ふんわりマシュマロのようなタイプ

 

★印象★

健康的でおおらか。親しみやすい印象

 

★悩み★

あか抜けない、すっきり見えない

横に合わせると丈が合わないなどで悩みがち

 

★スタイルアップポイント★

縦長に見せる着こなし。細い部分に目が行くようにする。色を縦に分断させて外側に濃い色を持ってくる、ウエストから腰回りをカバーしてIラインを作るなど。帽子やアクセサリー、靴、バッグなど小物の大きさの選び方も重要になる。芸能人では幅があるが、橋本環奈、関根麻里、柳原可奈子などがイメージ。